【Excel初心者】数えるのがめんどくさい!COUNTIF関数で解決しよう!

エクセルで
「このデータ何件あるか調べて!」
と言われ

すぐに方法が思い浮かぶでしょうか…?

フィルターかけて直接目で数える…!?

もし何全行もあるエクセルを渡され
「在庫が50以下の商品を洗い出して!」
と言わて…

目で確認してたら大変ですよね。。

そこでCOUNTIF関数を覚えて
楽に数えましょう!

COUNTIF関数ってどう書くの?

COUNTIFって何?

簡単に言うと
条件に合うものが何個あるか数える関数
ですね!

実際エクセルにはこう書きます!

=COUNTIF(範囲, 検索条件)

範囲

数えたい場所です!

楽器
ギターくろ
ギターみどり
ピアノくろ

例えばこの楽器と色の対応表から
「ギター」の数を数えたいなら
範囲は「楽器」の列になりますね!

検索条件(完全一致)

検索条件とは
「範囲」から数えたいデータの条件の事です!

例えば上図から「ギター」の数を知りたい場合

=COUNTIF(範囲, 検索条件)
=COUNTIF(楽器列, 「ギター」という文字)

=COUNTIF(A2:A4,”ギター”)

これで「2」と出力されます!

検索条件(部分一致)

では「口コミ」に
「良かった」と言う文字があるのは何個?

これはさっきと違って
検索条件に”良かった”と書いても
「まあまあ」「。」など余計な文字があるので
正確に数えてくれません!

ここでアスタリスク(*)を使います!

=COUNTIF(範囲, 検索条件)
=COUNTIF(口コミ列, 「良かった」という文字を含むもの)

=COUNTIF(C2:C4,“*良かった*”)

*の部分どんな文字があっても良いので

まあまあ良かった」「とても良かった
もきちんと数えてくれるのだ!

在庫表を使って数を数えてみよう!

検索条件に数字を指定する方法

在庫が50以下は何店舗あるか?

この場合は単純に
「在庫数」列に「50以下」がいくつあるか?

が出せればいいので

=COUNTIF(範囲, 検索条件)
=COUNTIF(在庫数列, 50以下)

=COUNTIF(D4:D12,“<=50”)

数字の指定も「”」で囲んで
不等号と組合わせる事でできます!

条件を複数指定したい場合

ギターの在庫が50以下は何店舗ありますか?

先ほどの条件(在庫50以下)に
さらに 商品名=ギター という条件が加わりました!

COUNTIF関数の検索条件は1つしか指定できないので

複数条件を指定できる
COUNTIFS関数
を使います!

=COUNTIFS(範囲1, 検索条件1, 範囲2, 検索条件2, …)

=COUNTIFS(在庫数列, 50以下,商品名列,”ギター”)

=COUNTIFS(D4:D12,”=50″,B4:B12,”ギター”)

ゲーム付き動画で解説してます!

是非この動画で楽しく学んでみてください(^^)


ExcelFile

ファイルをダウンロードして
COUNTIF関数に触れて見てね!

動画にあるゲームも入ってます!